• ホーム
  • バイアグラと飲酒での失敗の関係性

バイアグラと飲酒での失敗の関係性

バイアグラはED治療薬として1998年にアメリカで開発された薬剤で、その翌年には日本においても厚生労働省の認可が下りています。
当時としては画期的な治療薬であった事からマスコミ等でも取り上げられ、ED治療薬としては最も広く存在の知られた薬剤となっており、現在でも利用者の多い薬剤であると言えます。

人気のあるバイアグラですが、弱点が無い訳ではありません。
特に顕著なのが服用の前後に食事をすると効果の発揮が薄まり易いという点で、飲酒があった場合にはその傾向は強くなります。
普段は効果がしっかりと発揮されている人であっても、飲酒が絡んだ場合には肝心の性行為が失敗に終わるというケースも見られます。
ライフスタイル上、お酒を飲む機会が多いといった人にとっては困った側面となります。

この点については、2つの側面から対処する事が出来ます。
1つはバイアグラ服用前後には食事・飲酒を避ける方法となります。
気を遣わざるを得ない面・手間を要する面がありますが、そもそもバイアグラとの相性の良さを自覚しているようなケースではきっちり効果を発揮させられるという意味でも有効な方法となります。

もう1つは、バイアグラでは無く後発薬を利用して治療を進める方法です。
後発薬の中にはバイアグラで見られる弱点の克服を前提として差別化を図ったものがあり、前後に飲酒があっても問題の無いものがあります。
もともとバイアグラが効き難かったりと相性の悪さを感じているようなケースでは、こちらの対処の方が効果的な場合も考えられます。
但し薬剤としては異なるものを使用するので、効果の発現の仕方が若干違うといった面もあり、慎重を要するケースもある事は否定出来ません。

何れにしてもバイアグラは利用者の多さから来る事例の蓄積も多く、ED治療薬としては安全性の確立されたものの1つです。
個人差も考慮しつつ、利用の可否も含めて上手に付き合って行く事が大切です。