• ホーム
  • バイアグラの海外の言葉の意味

バイアグラの海外の言葉の意味

バイアグラは世界初のED治療薬です。
そして、今でもED治療薬の代表ですが、とくに、一度聞いたら忘れられないインパクトがあるネーミングとED治療薬としての中身がとてもマッチして人の心をつかんでいます。
世界初のED治療薬はどうやって発見されたのでしょうか?この誕生秘話やネーミングの意味について知っているとバイアグラの理解がより深まります。

1990年代に海外の医薬品会社ファイザー株式会社は、イギリスの研究所でシルデナフィルという成分を用いて、狭心症の治療薬の開発をしていました。
どうにも思ったような成果が得られないので試験の中止を決定し、治験者達に予備の治験薬剤を返してもらうことにしました。
すると、返却に渋る人が沢山ではじめました。
これはおかしいと不思議に思って、調べてみると、勃起を改善する作用があることがわかりました。
つまり、こうして偶然に、シルデナフィルに勃起不全を改善する効果があることが発見されたのです。
これなら、ED治療薬として研究しようということになり、人類史上世界初のED治療薬バイアグラが開発されました。
偶然発見された点がおもしろいところです。
また、このことからわかるように、バイアグラは商品名で、シルデナフィルが成分です。
シルデナフィルが血管を拡張する作用で勃起が改善されるという仕組みだったのです。

ところで、インパクトがある商品名のバイアグラにはどんな意味がこめられているのでしょうか?それは二つの言葉の意味からなる造語です。
1つは、「VITAL」(生き生き」と「NIAGARA」(ナイアガラの滝)の二つの単語の意味を組み合わせて出来た造語です。
ナイアガラの滝のように、男性の生命力が生き生きと満ちているという意味が込められています。